乳幼児突然死症候群(SIDS)と母乳育児の関係

母乳を増やすと乳幼児突然死症候群が防げるって本当?

 

乳幼児突然死症候群という病を知っていますか?
乳児が突然息を引き取ってしまうとても怖い病で毎年冬に発症が増えます。

 

 

 

しかしこの乳幼児突然死症候群は母乳育児をすることにより発症のリスクを減らすことができるという調査結果があります。なぜ母乳増やすこと(母乳育児)で乳幼児突然死症候群になる確率を軽減することができるのか?その噂は本当か?それとも神話なのか?ご説明します。

 

 

 

そもそも乳幼児突然死症候群とは?

 

乳幼児突然死症候群はSudden Infant Death SyndromeでSIDS(シッズ)と略されます。
この病は今まで元気にしていた赤ちゃんが何の前触れもなく寝ている間に突然死亡してしまう病気のことです。ちなみに窒息死とは別物です。生後2?6ヶ月の赤ちゃんの発症が最も多く、稀に1歳以上の幼児でも発症することがあります。

 

厚生労働省のによると平成9年頃の乳幼児突然死症候群の死亡者数は538名に登りました。そこで平成11年に対策強化月間を開始、その後少しずつ減少の方向に向かっています。それでも平成23年には148人・平成25年には125人の赤ちゃんがこの病で命を落としています。出生した赤ちゃんの約6,000〜7,000人に1人の割合で発症すると考えられています。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

乳幼児突然死症候群膝の原因と対策とは?

 

日本ではもちろん海外でも注目されている乳幼児突然死症候群ですが残念ながら原因がいまだに特定できていません。しかし調査の結果、一定の傾向がつかめています。主に下記の条件の赤ちゃんが発症しやすいそうです。

  • 男児
  • 低出生体重児や早産児
  • 冬季
  • うつぶせ寝
  • タバコ
  • 粉ミルク育児(人工乳幼児)

 

この中で親が対策できる事は後半の3つになります。つまり「仰向けで寝かすこと」・「タバコを吸わないこと」・「母乳で育てること」です。

 

日本では昔はうつぶせに寝かせることを推奨していた時期があります。うつぶせ寝の方が頭の形が良くなる、ゲップをしやすい、赤ちゃんがぐっすり眠れると考えられていたからです。しかしうつぶせ寝を危険視する声が上がり、仰向けで寝かすことが推奨されるようになるとSIDSの死亡者数も低下したのです。赤ちゃんの窒息を防ぐためにもSIDSの発症の防ぐためにも自分で寝返りができるようになるまでは仰向けに寝かせてあげましょう(*^-^*)

 

また妊娠中や授乳中のタバコ、また受動喫煙も健康に悪影響なのは言うまでもありません。厚生労働省の調査によると両親ともに喫煙する子供は、両親がタバコを吸わない場合の約4.7倍ほど乳幼児突然死症候群の発症率が高まるという報告があります。もしタバコを吸っているのであれば直ちにやめたほうがいいですね。

 

 

母乳を増やす(母乳育児をする)とSIDSの確率が下がるのは本当か?

 

 

 

厚生労働省によると母乳育児の赤ちゃんは粉ミルク育児の赤ちゃんに比べて乳幼児突然死症候群の発症率が低いため、出来る限り母乳で育てることを推奨しています。
しかしこれを聞いて心を痛めるお母さんが多いそうです。母乳育児をしたくても薬を服用していたり何かしらの理由により母乳育児ができないお母さんもたくさんいるからです。でも粉ミルクが乳幼児突然死症候群を引き起こすわけではありません。だから母乳育児ができないママも気に病む事はありませんよ。

 

ただ一方で『胸の形が崩れるのが嫌だから母乳はあげない』というような考えのママもいるのです。せっかく母乳が出るのに自分のわがままで母乳をあげないという選択をそんなに簡単にしても良いのでしょうか??もちろんそれはママが決めることですが、母乳育児はSIDSの発症確率を下げるだけでなく母体の免疫を渡すこともできるので赤ちゃんの免疫力も育ちます。親になったら自分のことだけでなく赤ちゃんのことも自分のことのように考えて判断できるようになるといいですね(*^-^*)

 

 

 

 

私も娘を出産してから知ったこの乳幼児突然死症候群。原因がはっきりしないためとても不安ですよね。
ただ親として仰向けに寝かせたり、母乳をあげたり、出来ることをしながら赤ちゃんを注意深く見守るしかありません。

 

私はママが赤ちゃんを愛していれば、何かしらの理由でミルク育児を選択することは問題ないと思っています。しかし原因不明ではあるものの、母乳栄養児の方がSIDSの発症確率が低いという統計も事実です。
だから『母乳をあげたいけど思うように出ない!もっと量を増やす方法が知りたい』と思うママは全力でサポートしたいと思っています。私自身の経験と助産師さんのアドバイスをもとに集めた当サイトの情報をぜひ活用して下さいね。


 

Sponsored Link


関連ページ

母乳栄養児と混合児|腸内ビフィズス菌はどう変わる?
母乳育児の赤ちゃんと混合育児の赤ちゃんを比べた場合、母乳栄養児の赤ちゃんの方が腸内のビフィズス菌が優勢となることがわかっていました。今回最新の研究で腸内フローラが形成される仕組みの一端が明らかになり、食品添加物や栄養補助食品の開発もますます進化していくでしょう。母乳を増やすと腸内環境がよくなり免疫力も上がる!
ボツリヌス菌はママが蜂蜜を摂取すると母乳感染するの!?
2017年4月蜂蜜を摂取した生後6ヶ月の男の子が死亡してしまったと言うニュースがはいってきました。1歳未満の乳児が蜂蜜に含まれるをボツリヌス菌をとると乳児ボツリヌス症を発症します。母親がはちみつを食べた場合は母乳を通して乳児に感染する事はあるのでしょうか?
世界母乳育児週間とは?ユニセフとWHO(世界保健機関)が決めたの?
ユニセフとWHO世界保健機関が定める毎年8/1〜7までの世界母乳育児週間とは?母乳には驚くべき免疫力があり母乳栄養児の死亡率は低さは必見。赤ちゃんとママのための正しい母乳育児支援、世界母乳育児週間が目指す姿とは?
フィリピンマニラで授乳イベント!2000組以上の親子が参加?
フィリピンマニラで2013年から始まった授乳イベント。初年度は100名余りだった参加者も2017年には2000人以上に。母乳で育てるママを増やす、母乳育児促進を目的としたイベントです。8月初めは世界母乳育児週間ため各地でこの様なイベントが開催されています
パパの授乳「パパチチ」でママの母乳が増えるってどういう事?
ピジョン株式会社が日本のパパももっと育児に参加できるようにと1日1回パパが授乳する「パパチチ」を推奨。しかし驚くことにパパチチしている家庭ほど夫婦で育児間のコミュニケーションが取れていると認識しており、ママの母乳も増え育児もうまくいく傾向が?その理由を考察しました
子宮内膜症のリスク軽減には母乳を増やす事が有効?
母乳と子宮内膜症の関係について知っていますか?女性の一般的な病気である子宮内膜症は月経を減らし卵巣を休めることで症状が改善します。そのため母乳を増やし完全母乳育児をして授乳期間を長くすることで生理の回数を減らすことは有効です。慢性疾患である子宮内膜症のリスクを軽減しよう