母乳を増やすための搾乳方法!2つのポイント

搾乳で母乳を増やすことは出来るの?2つの秘策とは?

 

完全母乳育児をしていても搾乳が必要になる場面は意外とあります。
例えば…

  • ママが体調を崩して薬を服用することになった
  • 急な法事で赤ちゃんを預けて出かけることになった

など、思わぬ理由で母乳をあげられない状況になることがあるからです。

 

 

 

また私が出産した産院の助産師さんによると『出産直後の搾乳は母乳量を増やすこと』に繋がります。
でもそのためには「ただ搾乳を行えばよい」という訳ではありません。
母乳を増やすために搾乳する場合には2つのポイントがあるのです。
そのポイントと、それはなぜなのか?という理由をご説明します(*^-^*)

 

 

Sponsored Link

 

 

 

即実践できる母乳を増やす搾乳!2つの秘策とは?

 

 

 

母乳育児をしようと思ったら出産後なるべくすぐに初乳を与え、その後も3時間以上間隔を空けずにおっぱいを与えることが重要なのは知っていますか?
これは世界保健機関WHOも推奨していることですが、出産して胎盤が剥がれると母乳を分泌するプロラクチンというホルモンが出始めるからです。そしてこのプロラクチンは赤ちゃんが乳頭を吸う刺激により分泌量を増やすことが出来るのです。逆に言うと赤ちゃんがおっぱいを吸う=授乳という行為がなければ母乳の分泌はみるみる減ってしまうのです。

 

出産後の頻回授乳が重要であると知っていてもなかなか授乳できない場面に出くわす事もあります。
例えば…

  • 早産児で小さく生まれおっぱいを吸う力が弱く直母で飲めない場合
  • 出産後、何らかの原因で保育器に入ってしまう場合
  • 授乳の時間になっても赤ちゃんが寝ていて、起こしても起きてくれない場合
  • (または授乳を開始するとすぐに眠ってしまう赤ちゃんの場合)

などです。これらはママの努力ではどうしようもありません(>_<)

 

 

こんな時に『搾乳』の出番です!!
つまり直母で乳頭刺激ができない間、搾乳することによって乳頭への刺激を与えプロラクチンの分泌、すなわち母乳量を確保するのです(*^-^*)

 

 

 

 

そしてその時のポイントが2つあります。
1つは搾乳の間隔を3時間あけないこと・もう一つは夜間に搾乳することです。
その理由を説明しますね☆

 

搾乳の間隔を3時間以上空けない理由

3時間以上乳頭への刺激がないと、プロラクチンの分泌量は一気に低下してしまいます。これを防ぐために、3時間以内毎に授乳できない時は搾乳を活用しましょう♪

 

夜間に搾乳する理由

体内のプロラクチンの分泌は時間によっても変化しています。通常夜間の分泌量が1番多くなります。ですから母乳を増やそうと思ったら夜間の授乳することが大切なのです。しかしよく眠る赤ちゃんの場合や、授乳してもすぐに満足そうに眠ってしまう赤ちゃんの場合は十分に乳頭刺激を与えることが出来ません。そのような場合、搾乳することで対処しましょう(*^-^*)

 

 

 

 

 

ちなみに、搾乳した母乳は赤ちゃんが起きたらすぐあげる場合などは冷蔵庫で保管しましょう。冷蔵庫で保管した母乳は24時間以内には飲ませてあげましょう。
冷凍保存する場合には、専用の母乳パックという小さいジップロックのような袋が市販されているので活用するといいでしょう。その時に日付や搾乳したおっぱいの量を記載しておくと便利です。冷凍保存した母乳は1ヶ月を目安に飲ませましょう(*^-^*)

 

普段直母をしていると、果たしてどのくらいおっぱいが出ているのか?また赤ちゃんが飲めているのか?と疑問ですよね。搾乳すると母乳の量や色、ドロドロかサラサラか?など客観視することが出来ますよ(#^^#)


 

Sponsored Link


 

 

関連ページ

母乳分泌を最も増やすのは〇〇食事でも水分でもない!
母乳分泌を促す一番の方法を知っていますか?それは食事でも水分でも睡眠でもありません。ヒントは母乳分泌の仕組みや母乳が作られる原因を知ることに隠されていました!母乳を作るホルモンであるプロラクチンを刺激することが重要なんです。プロラクチンの効果的な刺激方法とは?
完全母乳育児をしたいなら産後1ヶ月で爆発的に母乳を増やせ!
もしあなたが完全母乳育児をしたいなら出産後の1ヶ月間はとても重要。なぜならママが母乳を増やすのに一番適している時期が新生児期の1ヶ月間だからです。授乳回数と授乳間隔に注意して母乳不足を解消し生産量を増やす対処法について説明します
母乳を増やすための頻回授乳。赤ちゃんが乳首を吸ってくれない時は?
母乳を増やす方法として1番重要なのは頻回授乳。頻回授乳をしなければママの体は母乳が必要であると認識できず母乳は生産されません。新生児期は授乳間隔を空けず、ホルモンの増加する夜間の授乳をしっかりすること。でも赤ちゃんが乳首に吸い付いてくれない場合の対処法とは?
要チェック!母乳の生産量を増やす授乳の回数とは?
母乳を増やす対処法として有名なのは頻回授乳!授乳の回数が重要な理由は母乳分泌ホルモンであるプロラクチンを増加させるため。完全母乳や母乳不足解消を目指すのに必要な回数の目安とは?また回数が増えることで赤ちゃんは胃もたれしたりしないのか解説します
血流・冷え性を改善して母乳を一気に増やそう
血流を促進して母乳を増やす方法を紹介します。母乳はママの血液からできているので分泌を増やすために血行促進が影響します。そのためには食事やストレッチ、水分、衣類や入浴などたくさんの対策ができます。自宅で簡単にできる方法で冷え性を改善して母乳を増やしましょう。
母乳を増やしたければ授乳中の抱っこの仕方を変えよう
間違った抱っこが原因で母乳不足になる可能性があります。助産師さんが教える母乳を増やす授乳中の正しい抱っこの方法とは?母乳育児成功のために産後すぐにできる改善方法をまとめました。ママにも赤ちゃんにも嬉しい母乳を増やす抱っこの秘訣は2つありますよ。
授乳の仕方が決め手!左右両方の母乳量を増やすためには
あなたは授乳する時母乳を左右交互にあげていますか?左右の母乳の分泌量を安定させるならきちんと時間を計って均等にあげることが大切です。また毎回抱っこしやすい向きばかりで授乳を始めるのも危険!片方側だけ母乳が増えて、もう一方が母乳不足になる原因です。
母乳とミルクで大違い!赤ちゃんの正しい授乳間隔知っていますか?
赤ちゃんの授乳間隔はもちろん月齢とともにを変化します。でも母乳とミルクで目安の授乳間隔は全く違うことを知っていますか?新生児の赤ちゃんはどのくらいの胃の大きさで一度にどのくらい飲めるのか?正しい授乳間隔を知る事は母乳育児にも役立つのできちんと学びましょう!
混合育児中のママが母乳を増やしていく方法とは?
母乳とミルクの混合育児をしているけれど完全母乳を目指して母乳を増やしたい!また混合育児を希望しているがもう少し母乳の生産量をあげたいと思うママもいます。その場合に必要な授乳回数や母乳とミルクの割合とは?生後どのくらいの月齢まで対応できるのか?
赤ちゃんが飲んでいる母乳の量が足りているか分かる方法
ミルクと違って母乳は飲んだ量が見えないから分からないですよね。本当にちゃんと母乳が出ているのか?赤ちゃんが必要な量をきちんと飲めているのか?心配になりませんか。母乳の量が不足していないか見極める判断基準をご紹介します!母乳の量に関する不安を解決しましょう!
母乳を増やしたいなら昼寝をしてストレスを減らせばOK!?
母乳育児中に強いストレスを感じると母乳を射出するホルモンが減ってしまうのをご存知ですか?プレッシャーを感じすぎず母乳育児に臨みましょう。また昼寝をすると母乳分泌のホルモン「プロラクチン」が活性化されます。昼寝とストレス軽減を味方につけて母乳を増やしましょう!
昼寝をすると母乳を増やすホルモンが大幅アップ!?
母乳を増やしたいママは赤ちゃんと一緒に昼寝をすることで母乳分泌ホルモンプロラクチンを増やすことができます。昼寝はお母さんの寝不足を解消するだけでなく体力の回復そして母乳を増やすと言うメリットがあるのです。おっぱいを増やしたいママはぜひお昼寝を取り入れましょう。
母乳を増やす!授乳中すぐに寝てしまう赤ちゃんへの授乳方法
授乳を始めるとすぐに寝てしまう赤ちゃんはいませんか?母乳を飲んだ瞬間うとうとしたり、片方飲んですぐに寝てしまったりする赤ちゃんは量が足りずに便秘になってしまうことも。赤ちゃんがすぐに寝てしまう原因と母乳を少しでも長い時間あげて母乳を増やす方法を伝授します
新生児が母乳を上手に飲めない原因と対処法を紹介
新生児が上手に母乳を飲めない場合の理由は何でしょうか?我が家は乳頭保護器を使い対策したところ直母での完全母乳育児が可能になりました。きちんと対策すれば赤ちゃんが下手でもママが陥没乳首でも上手に哺乳できるようになります。諦める前に正しい対処法を学びましょう!
助産師に聞いた☆産後1ヶ月頃から母乳を増やす方法
月齢1ヶ月から母乳を増やしていきたいママ必見。正しい方法でどんどん生産量を増やそう!ポイントは授乳回数や授乳時間、おっぱいのケアや食事内容水分など。出来ることは沢山あります。まだまだ母乳は増えるし完母への移行も出来るから諦めないで!
生後3.4.5ヶ月頃からでも母乳が増やせる方法を公開
生後3ヶ月以降でもポイントを押さえれば母乳は増やせる!母乳不足を解消して育児を楽しもう。体重が増えない原因は月齢によって変化する授乳環境と赤ちゃんの成長によるもの。母乳外来で伝授された対処法を紹介します。ママも笑顔にあり赤ちゃんもすくすく成長しますように
一度減った母乳を増やす方法ってあるの?原因と対処法
産後順調に授乳して母乳育児をしていたのに突然量が減った。そんな時の原因とは?また一度減った母乳の生産量を増やす方法とは?母乳分泌ホルモンであるプロラクチンを再度分泌させ、充分な栄養と水分を取ろう
差し乳タイプのママが効率よく母乳を増やす方法とは?
差し乳タイプのママはどうやったら母乳を増やせるの?と不安に思ったり悩むことが多いようです。そもそも溜まり乳と差し乳の違いとは?差し乳のママが母乳不足を感じる原因や、即実践できる母乳分泌を増やす食事やマッサージ、対処法や注意点を解説します。
夕方になると母乳不足?この時間帯に母乳を増やす方法とは?
夕方の母乳不足に悩んでいるママへ。時間帯によって母乳の分泌量や出方が変化することは知っていますか?夕方の母乳不足はプロラクチンの分泌低下や食事・水分量などの栄養面、また疲労などの原因があります。その原因と夕方の母乳を増やす方法について説明します
母乳を増やすのはいつまで可能?いつまで授乳する?
出産後いつまで母乳を増やすことはできるの?母乳が一番増える時期は?産後約半年でも増える?完全母乳育児を目指すなら乳首への刺激をアップさせるために頻回授乳するべき?そしていつまで母乳を与え、いつ頃断乳や卒乳するべきか?そんか疑問に答えます
簡単ツボ押しで!?母乳の分泌をを増やす方法とは?
ツボ押しやマッサージで女性ホルモンを分泌させたり母乳を増やすこともできるんです!出産後のスムーズな母乳育児のために血流を良くすることが大切。特に冷えや肩こりのあるママは天宗や足三里・太衝・湧泉などのツボを刺激して効果的に母乳を増やしましょう
生理が再開してから母乳を増やすコツと方法とは?
授乳中なのに産後の生理が再開。月経再開後も母乳育児をしたいけど母乳の分泌を増やすことは出来るの?生理による身体と母乳の変化とは?出産後に生理が再開する原因と母乳を増やす方法を解説します
双子育児でも母乳を増やして完母にする方法
双子育児中のママが母乳を増やす方法とは?完全ミルクや混合から二人分の母乳を分泌することはできるの?授乳回数や授乳後のミルクの補足量などが成功の分かれ道。双子に必要な量の母乳を増やすために大切なこととは?
温湿布で簡単に母乳が増える?その方法と効果とは?
もっと早く知りたかった!?授乳中簡単に母乳を増やす方法として有効な対策の一つが温シップ。温湿布の影響で血流がよくなると母乳育児もスムーズに。ただし市販薬の成分には赤ちゃんに心配な物もあるので注意が必要。タオルで作れる乳房のための温湿布方法はこちら
母乳を増やす哺乳瓶!?ピジョンの母乳実感とは?
母乳増やすためには哺乳瓶を使う時にどのメーカーを選ぶかが重要だと知っていますか?ピジョンが発売している母乳実感シリーズの哺乳瓶や乳首、おしゃぶりが人気のワケとは?母乳を増やしたい、混合だけど直母で授乳したいそんなママは母乳実感シリーズをチェック!