野菜ジュースで野菜風味の母乳を増やすと赤ちゃんが野菜を好む味覚に!

野菜ジュースは母乳を増やすだけじゃない!子供も野菜好きになるの?

 

ママだったら子供になるべく好き嫌いなく色んなものを食べて欲しいですよね?
もちろん偏食をして欲しくないし野菜もたくさん食べてもらいたい!
そう願うのではないでしょうか?

 

 

 

ママの母乳を増やすためにも和食中心のバランスのとれた食事が大切です。そして母乳の元になる血液の流れを良くするためには体温を上げる根菜類などの野菜で栄養補給することもとても大切です。

 

 

しかし実は授乳期のママが野菜を摂取すると、母乳を増やすだけでなく他にも効果があったのです(*^^*)
ママが野菜を摂取すると母乳の味が野菜風味になり赤ちゃんも将来的に野菜を好きになるといいます。しかも野菜を食べるのではなく野菜ジュースでもその効果がはっきりと出るそうです。

 

今日はその興味深い研究を発表したアメリカのモネーロ化学感覚センターのジュリー・メネーラ医師たちの研究内容を紹介します。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 野菜ジュースを飲むと母乳が野菜風味になり子供も野菜好きに!その真相とは?

 

 

 

 

同誌の論文要旨によると、研究チームは、母乳育児中の母子97組を次の5つのグループにわけて実験した。飲んでもらう野菜ジュースは、ニンジン、セロリ、ビート(=和名テンサイ、またはサトウダイコン)の3種類だった。
   (1)母親に授乳前に野菜ジュースを半カップ飲んでもらう。期間は、子どもの生後2週間目から1か月間。
   (2)同じく母親に授乳前に野菜ジュースを半カップ飲んでもらう。期間は、子どもの生後1.5か月目から1か月間。
   (3)同じく母親に授乳前に野菜ジュースを半カップ飲んでもらう。期間は、子どもの生後2.5か月目から1か月間。
   (4)同じく母親に授乳前に野菜ジュースを半カップ飲んでもらう。期間は、生後2週間目から3か月間と長い。

   (5)上記、4グループとの比較のため、母親に水だけを半カップ飲んでもらう。

 

   生後8か月くらいで子どもが離乳した後、母親は子どもに「(特に味のない)プレーン味」、「ニンジン風味」、「ブロッコリー風味」の離乳食用シリアルを与えた。そして、その様子をビデオ撮影してもらい、研究者が、子どもが嫌がるサイン(顔をしかめる、スプーンを拒絶するなど)をするか、または欲しがるそぶりをするかを観察した。野菜ジュースにはなかったブロッコリー風味を追加し赤ちゃんに試したのも実験のポイントだ。

   赤ちゃんたちの反応を調べた結果、(1)から(4)までの「野菜風味」の母乳を飲んだ子どもは、(5)の水だけの子どもよりも、プレーン味や慣れないブロッコリー風味のシリアルより、ニンジン風味のシリアルを好んだ。また、(1)の生後2週間目から1か月間、野菜風味の母乳を飲んだ子どもが、他の子どもに比べ、ニンジン風味のシリアルを一番欲しがった。同じ生後2週間目から3か月間「野菜風味」を続けた(4)の子どもより、勢いよく食べた。これはなぜだろうか?

出典:https://www.j-cast.com/healthcare/2017/08/26306413.html?p=all 

 

 

 

 

 

ジュリー・メネーラ医師は、論文の中でこう推測している。
「生後数週間は、授乳の頻度が一番高いためと、おそらく味覚の好き嫌いの形成に影響を及ぼしやすい時期であるため、この時期に集中して野菜風味の母乳を与えると、その野菜が好きになるのでしょう」
出典:米栄養学専門誌「American Journal of Clinical Nutrition」(電子版)の2017年7月号

 

 

 

生後2週間頃からどんどんと子供の味覚は成長しているんですね♪
(4)の3ヶ月間野菜ジュースを摂取したグループよりも、(1)の生後2週間〜生後1ヶ月までの2週間のみ野菜ジュースを摂取したグループが一番野菜味のシリアルを欲しがったのは意外でした。

 

でもたった2週間だけ、ママが野菜ジュースを飲むように心がけるだけで、将来子供が野菜嫌いにならず、野菜を抵抗なく美味しく食べられる可能性が高まるんです!!!これは非常に魅力的な情報だと感じました。

 

 

 

 

子供が野菜を食べない…と悩むママは非常に多いです。野菜にはビタミンやミネラルも豊富で風邪を予防したり健康な身体には欠かせないものです。まさか対策ができるとは知りませんでしたよね?
しかも難しい献立ではなく野菜ジュースで出来るという手軽さにも感動してしまいました(*^^*)簡単にできることなので是非あなたも試してみて下さいね。

 

また面白いことに野菜ジュースを摂取したグループは摂取しなかったグループよりもママ自身も野菜が好きになったそうです。
家族の食生活はママ次第!!というところも大きいのでこれは今後の健康な生活や身体づくりが見込めますね♪


Sponsored Link


関連ページ

母乳の分泌量を増やすための正しい飲み物の取り方とは?
母乳を増やすためには水分をたくさん取ることが必要だと言われます。一体どれくらいの量を飲めばいいのか知っていますか?授乳中の水分摂取は何リットルくらいが適切なのか。飲む物は白湯がいいの?カフェインはどうする?母乳不足にならないための水分の必要量を解説します!
えっ!?青汁が母乳の量を増やしてくれる飲み物だって本当?
授乳中に母乳の量を増やす飲み物と言えばたんぽぽ茶が有名ですが、実は青汁も母乳に良い影響があると知っていましたか?青汁を飲むことによって野菜不足を解消し栄養を摂取することができます。その結果良い血液と母乳が作られますよ。無農薬や無添加の青汁を活用しましょう!
母乳を増やす青汁ハッピーベジー(HPPPY VAGE)の評判
母乳はママが摂取した水分(飲み物)や食べ物が血液となり作られます。毎日の水分摂取にハッピーベジーHAPPY VEGEを活用すると見込める効果を口コミ!母乳を増やす方法として青汁ハッピーベジーhappy vegeは有効なのか検証します。
新常識!?母乳をたくさん増やしたいなら飲み物は甘酒を飲むべき?
母乳を増やす飲み物として密かに有名なのが甘酒って知っていますか?甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養価が高いのですが、授乳期間中に飲んでも大丈夫なんでしょうか気になるアルコールのことまたどんな天崎を選べば良いのかなど母乳と甘酒の関係について紹介していきます。
ネットで人気!母なるおめぐみは母乳を増やす小豆飲料?
母乳を増やす方法として有効な水分補給と栄養補給が一緒にできる!完全母乳育児が可能になると評判の母なるおめぐみの効果を知っていますか?授乳中はもちろん妊活中や妊娠中も飲める完全無添加カフェインレスの小豆茶。母乳で育てるママに支持されている母なるおめぐみの情報や最安値をご紹介します
飲み物『母なるおめぐみ』で実際に母乳は増えた!?評判まとめ
母なるおめぐみを飲んで実際に母乳育児は軌道に乗るのでしょうか?母なるおめぐみは無添加の北海道小豆を使ったカフェインレスのお茶です。授乳中はもちろん妊活・妊娠中から飲めるお茶として人気です。本当に母乳が増える効果があるのか評判や口コミを検証するのでご覧ください。
ルイボスティーが産後女性の母乳と赤ちゃんにもたらす効果とは?
授乳中にルイボスティーを飲むと母乳が増える効果があると聞いて産後一生懸命飲んでいるママも多いようです。本当に母乳を増やす効能はあるのでしょうか?ノンカフェインなので妊婦さんでも飲めるルイボスティーですが産後女性と赤ちゃんにとってどんな魅力があるのか紹介します。
牛乳を飲むことは母乳を増やす方法として適切なの??
母乳を増やすためには鉄分・たんぱく質・そしてカルシウムが大切。カルシウムが豊富な牛乳やヨーグルト・チーズなどの乳製品は母乳にどのような影響があるの?授乳中に牛乳を飲むことで本当に母乳が増やせるの?母乳と牛乳また豆乳の関係を説明します。