母乳がよく出る飲み物を知りたい方はこちら

 

ママ専門店「はぐくみプラス」の青汁「happy vegeハッピーベジー」は授乳期専用に開発された青汁です(*^▽^*)

 

 

 

そんなハッピーベジーはどんな人にオススメなの?特徴を簡単にまとめると…♪

  • 母乳を増やしたい
  • 赤ちゃんに栄養のある母乳をあげたい
  • 乳腺炎を予防したり、改善したい
  • 安心安全な材料でできた青汁を家族で飲みたい

そんなママと家族のための青汁なんです。

 

 

この記事では

  • ハッピーベジーの成分や副作用
  • 実際に体験した人の母乳への効果
  • 購入価格や初回サポート
  • 解約方法について
  • ママ専用店はぐくみプラスって?

こんな情報をまとめました(*^^*)

 

(関連記事:えっ!?青汁が母乳の量を増やしてくれる飲み物だって本当?

 

 

母乳を効率よく増やす方法として青汁ハッピーベジーは有効か?

 

特徴的な2大成分

 

 

なんといっても一番の特徴は九州産の野菜を16種類も使用しているということです。
安心の日本産しかも九州にこだわった厳選素材。

 

あなたはこれだけの栄養素を毎日の食事から取れていますか?厚生労働省が1日に必要な野菜の量は350gだと推奨しています。しかしほとんどの日本人の栄養が不足している状態です。ママになると自分だけでなく家族の健康管理の責任も!手軽に上質な栄養を摂取できるhappy vegeはとても便利な飲み物ですね♪

 

二番目の特徴は乳酸菌を1,500億個配合しているということです。乳酸菌は整腸作用があるので赤ちゃんやママの毎日のスッキリを助けてくれます。しかも腸内環境を善玉菌で満たすことにより免疫力の向上も見込めます。

 

 

副作用

ハッピーベジーは薬ではなく野菜を主成分としているので薬のような副作用は報告されていません。
しかし成分にケールが含まれています。アブラナ科のアレルギーがある人は注意しましょう

 

 

実際に体験した人の口コミ

モニター調査の結果満足度は92%でした。

  • 赤ちゃんが母乳ゴクゴク飲んでくれるようになった
  • つまりやすかったおっぱいや授乳中のズキズキとした痛みがなくなった
  • おっぱいトラブルが減った
  • 毎朝ぐったりしていたのにすっきり起きられるようになった

感想の中でもこんな声が多かったんです(*^-^*)

 

 

購入価格

ハッピーベジーは1箱30包入り通常価格は6,980円です。
しかし期間限定で特別キャンペーンを開催中。毎月1,000名様限定で初回980円しかも送料無料という特別価格で購入が可能です。

 

 

キャンペーン情報

キャンペーンは毎月1000名様限定。レシピブックやシェイカーのプレゼントが付いてきます。
そしてなんといっても初回86%オフという超破格での購入が魅力的です。
さらに2回目以降も6,980円よりもずっと安い3,980円で購入することができるのです。
しかも通常購入は送料300円ですがキャンペーンで購入すると送料・手数料がずっと無料です。

 

 

解約方法

定期購入といってももちろん一生買い続けなければいけないわけではないので安心してください(笑)
特に受け取り回数等の制限もありません!次回お届け日の10日前までに連絡すればいつでも変更や休止をすることが可能です。

 

 

返金保証

 

さらに初めての方にも安心して試してもらえるように、より多くの人にこの商品の良さを伝えたい!!そんな思いから10日間の返金保証も実施しています。初回購入に限り万が一商品が合わなかった場合には1箱分の代金を返金してくれますよ。

 

 

ママ専門店『はぐくみプラス』とは?

hagukumi+(はぐぐみプラス)は福岡県福岡市の会社です。
妊活中のサプリや妊娠中の葉酸サプリ・DHAサプリ・オリゴ糖、そしてこの授乳期の青汁happy vegeハッピーベジー、夜泣き対策のハーブティーなどを販売しています。

 

社長の山村さんもお子さんのお父さん。しかし予定日よりも2ヶ月も早く生まれると言う経験から妊娠出産と言う不確実なものへの不安が大きくなったそうです。さらにインターネットなどに溢れる情報。何を信じていいのかわからない、でも本当に信頼できるものを使いたい!そのような思いから『はぐくみプラス』が誕生しました。

 

実際ハッピーベジーも半年以上試作品を作り続けたそうです。もちろん安心して使用できるように5大添加物は一切使っていません。さらにモニター調査でも30日間の徹底した調査、そこでの声を生かしワンランク上の商品を完成させました。

 




特別キャンペーンで購入できる公式サイトはこちら>>>今話題の青汁HAPPY VEGE

 

 

 

 

 

ここまで読んでくれたあなたは、HAPPY VEGE!!がどんな商品か、そしてどんな想いで開発された商品かよくわかったのではないでしょうか??

 

ずばり日々の食生活を振り返り野菜不足が気になる…そんなママにはぜひ試してもらいたい青汁ですね!毎日1杯飲むだけで手軽に栄養補給ができて母乳が増えたら嬉しいですね。

 

また母乳量のアップや乳腺炎対策はもちろん、今飲んでいる物・食べている物で成長していく乳幼児。授乳期が終わったら離乳食にも混ぜて、栄養補給してあげたいですね♪


 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/10/25 12:25:25

 

ママだったら子供になるべく好き嫌いなく色んなものを食べて欲しいですよね?
もちろん偏食をして欲しくないし野菜もたくさん食べてもらいたい!
そう願うのではないでしょうか?

 

 

 

ママの母乳を増やすためにも和食中心のバランスのとれた食事が大切です。そして母乳の元になる血液の流れを良くするためには体温を上げる根菜類などの野菜で栄養補給することもとても大切です。

 

 

しかし実は授乳期のママが野菜を摂取すると、母乳を増やすだけでなく他にも効果があったのです(*^^*)
ママが野菜を摂取すると母乳の味が野菜風味になり赤ちゃんも将来的に野菜を好きになるといいます。しかも野菜を食べるのではなく野菜ジュースでもその効果がはっきりと出るそうです。

 

今日はその興味深い研究を発表したアメリカのモネーロ化学感覚センターのジュリー・メネーラ医師たちの研究内容を紹介します。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 野菜ジュースを飲むと母乳が野菜風味になり子供も野菜好きに!その真相とは?

 

 

 

 

同誌の論文要旨によると、研究チームは、母乳育児中の母子97組を次の5つのグループにわけて実験した。飲んでもらう野菜ジュースは、ニンジン、セロリ、ビート(=和名テンサイ、またはサトウダイコン)の3種類だった。
   (1)母親に授乳前に野菜ジュースを半カップ飲んでもらう。期間は、子どもの生後2週間目から1か月間。
   (2)同じく母親に授乳前に野菜ジュースを半カップ飲んでもらう。期間は、子どもの生後1.5か月目から1か月間。
   (3)同じく母親に授乳前に野菜ジュースを半カップ飲んでもらう。期間は、子どもの生後2.5か月目から1か月間。
   (4)同じく母親に授乳前に野菜ジュースを半カップ飲んでもらう。期間は、生後2週間目から3か月間と長い。

   (5)上記、4グループとの比較のため、母親に水だけを半カップ飲んでもらう。

 

   生後8か月くらいで子どもが離乳した後、母親は子どもに「(特に味のない)プレーン味」、「ニンジン風味」、「ブロッコリー風味」の離乳食用シリアルを与えた。そして、その様子をビデオ撮影してもらい、研究者が、子どもが嫌がるサイン(顔をしかめる、スプーンを拒絶するなど)をするか、または欲しがるそぶりをするかを観察した。野菜ジュースにはなかったブロッコリー風味を追加し赤ちゃんに試したのも実験のポイントだ。

   赤ちゃんたちの反応を調べた結果、(1)から(4)までの「野菜風味」の母乳を飲んだ子どもは、(5)の水だけの子どもよりも、プレーン味や慣れないブロッコリー風味のシリアルより、ニンジン風味のシリアルを好んだ。また、(1)の生後2週間目から1か月間、野菜風味の母乳を飲んだ子どもが、他の子どもに比べ、ニンジン風味のシリアルを一番欲しがった。同じ生後2週間目から3か月間「野菜風味」を続けた(4)の子どもより、勢いよく食べた。これはなぜだろうか?

出典:https://www.j-cast.com/healthcare/2017/08/26306413.html?p=all 

 

 

 

 

 

ジュリー・メネーラ医師は、論文の中でこう推測している。
「生後数週間は、授乳の頻度が一番高いためと、おそらく味覚の好き嫌いの形成に影響を及ぼしやすい時期であるため、この時期に集中して野菜風味の母乳を与えると、その野菜が好きになるのでしょう」
出典:米栄養学専門誌「American Journal of Clinical Nutrition」(電子版)の2017年7月号

 

 

 

生後2週間頃からどんどんと子供の味覚は成長しているんですね♪
(4)の3ヶ月間野菜ジュースを摂取したグループよりも、(1)の生後2週間〜生後1ヶ月までの2週間のみ野菜ジュースを摂取したグループが一番野菜味のシリアルを欲しがったのは意外でした。

 

でもたった2週間だけ、ママが野菜ジュースを飲むように心がけるだけで、将来子供が野菜嫌いにならず、野菜を抵抗なく美味しく食べられる可能性が高まるんです!!!これは非常に魅力的な情報だと感じました。

 

 

 

 

子供が野菜を食べない…と悩むママは非常に多いです。野菜にはビタミンやミネラルも豊富で風邪を予防したり健康な身体には欠かせないものです。まさか対策ができるとは知りませんでしたよね?
しかも難しい献立ではなく野菜ジュースで出来るという手軽さにも感動してしまいました(*^^*)簡単にできることなので是非あなたも試してみて下さいね。

 

また面白いことに野菜ジュースを摂取したグループは摂取しなかったグループよりもママ自身も野菜が好きになったそうです。
家族の食生活はママ次第!!というところも大きいのでこれは今後の健康な生活や身体づくりが見込めますね♪


Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/08/27 13:07:27

 

母乳育児のママはご存知の通り、母乳は血液から作られますよね(*^^*)だから造血作用のある鉄分の摂取が大切です。そして栄養のある母乳を増やすために鉄分と同じくらい重要なのがタンパク質とカルシウムです。

 

 

 

カルシウムと言えば、身近な牛乳やヨーグルト・チーズが思い浮かびませんか?
母乳を増やす方法として毎日牛乳を飲んでいるママもいるとか?でも本当に牛乳を飲んだら母乳の量は増加していくのでしょうか?

 

そして母乳のためのカルシウム摂取として牛乳を飲むことは正しいのでしょうか?
この記事では母乳育児と牛乳の関係について説明します。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

母乳を増やすために牛乳でカルシウム摂取って本当に大丈夫なの!?

 

 

 

牛乳をたくさん飲むと母乳はどうなる?

牛乳(牛乳以外も生クリーム・バター・アイスクリームなどの乳製品)は脂肪分高いんです。
ママが脂肪分の高いものを摂取すると、高脂肪の母乳が出るようになってしまいます(+_+)

 

 

母乳育児中に牛乳を飲用することが赤ちゃんに与える影響

では高脂肪の母乳が出るようになると、ママと赤ちゃんはどうなるのでしょうか??

  • ママへの影響…高脂肪の母乳はドロドロとした質の悪い母乳を作ってしまいます。母乳がドロドロになると詰まってしまったり乳腺炎やおっぱいトラブルの原因になります。
  • 赤ちゃんへの影響…産まれたばかりの赤ちゃんはまだ胃が未熟です。上手に消化するという能力が低いことからちゃんと消化できないことがあります。その結果、消化不要を起こし便秘や下痢の原因になることがあります。

 

 

牛乳以外にも注意するべき乳製品

牛乳そのものだけでななく加工品にも注意が必要です。
例えば、下記のようなものには注意しましょう。

  • 脂肪分の高いチーズ
  • 高脂肪や加糖タイプのヨーグルト
  • プリン
  • 洋菓子(ケーキやクッキーなど)
  • 洋食(チーズや生クリームがたっぷりのパスタやグラタンなど)

このように見てみると、母乳育児には和食が大切と言われる理由がよく分かりますね(*^^*)
しかし現代人は食の欧米化が進んでいます。また外出時のフードコートなどは手軽に食べれるジャンクフードなどが多いのも事実。でも母乳育児中は高脂肪の物はなるべく避けた物を選択したいですね!

 

 

 

母乳を増やすためにカルシウムは大切です。でもそのカルシウムは牛乳や乳製品で摂取するよりも小魚など別のもので摂取する方が良いでしょう(*^^*)

特にもともと乳管が細くおっぱいが詰まりやすいママは牛乳を含む乳製品には注意しましょう。そうではないママはあまり神経質になる必要はないそうですが、牛乳を飲んだ日はヨーグルトは控えるなど、1日の摂取量を把握してコントロールしましょう(*^^*)

カルシウム不足は母乳のためだけでなく、ママのためでもあります。授乳期は沢山のカルシウムが優先的に母乳に移行します。その結果、『髪の毛がすごくパサつくようになってしまった』 『産後一気に歯が悪くなり虫歯増えた』というママも多いんです。そんな状況を避けるためにもカルシウム摂取は意識して行いましょう♪


 

 

 

母乳を増やすための飲み物については他の記事で詳しく説明しているので是非覗いてみて下さいね!

関連記事:えっ!?青汁が母乳の量を増やしてくれる飲み物だって本当?

新常識!?母乳をたくさん増やしたいなら飲み物は甘酒を飲むべき?

ネットで人気!母なるおめぐみは母乳を増やす小豆飲料?

 

効率よく母乳を増やす方法なら牛乳よりも、厚生労働省が授乳期のママに摂取を勧めている14種類のビタミンやミネラルを毎日摂取する方が良いでしょう。この14種類の栄養素を簡単にとる方法は下記の記事に載せています↓

 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/07/28 11:47:28

 

母なるおめぐみは多数のママ雑誌に掲載され母乳育児に効果があると人気がありますよね(*^^*)
母なるお恵みは母乳を増やすための飲み物ですが、よく流通しているたんぽぽ茶やハーブティーとは全く違うんです^^ どんな商品なのか説明していきますね♪

 

 

 

原料に北海道産の小豆を使った小豆茶なんですよ(*^^*)
小豆には母乳に必要とされる葉酸や鉄分がとても豊富に入っています。
また母乳は血液からできていますが、あずきに含まれるサポニンが体を温めてくれます。その結果血流が促進され、母乳の出も良くなると考えられているんです♪

 

そんな母なるおめぐみを実際に飲んでみた人の評判や口コミはどうなのでしょうか?
ここでは良い口コミだけでなく、悪い口コミも見ていきますので是非参考にして下さいね♪

 

 

 

母なるおめぐみの本当の効果は?悪い口コミ・良い口コミ集めました

 

 

 評価の低い・悪い口コミ

H、Aさん
香ばしくて飲みやすいです。母乳の出も良くなってきた気がします。1日で2、3パック消費するので値段がもう少し安ければうれしいです。

 

M、Dさん
香ばしくて美味しかったです。今日から飲み始めましたが即効性はありませんでした。気長に飲んでみます!

 

 

 

 評価の高い・良い口コミ

 M、Aさん
母乳が控えめにしか出なかったのですが、小豆茶を飲んだら少しずつ増えたと思います。小さくですが噴射しました。体も温まるし味もおいしいです。ありがとうございました。

 

S、Iさん
母乳を増やしたくて購入しました。産後1ヶ月から飲み始めて、2ヶ月に入って完母になりました。その後も出が悪いと感じた時は飲んでリピしていました。現在5ヶ月ですが、赤ちゃんの水分補給ために入れています。

 

K、Oさん
とても飲みやすくておいしいです。他のハーブティーより飲みやすいと思います。なくなったらまたリピしたいと思います。

 

 

 

 

口コミや評価の理由から考える『母なるおめぐみ』の本当の効果

 

 味について

香ばしくて飲みやすいと思うママが多く、麦茶に似ていると感じるママもいました。たんぽぽ茶やハーブティーが続かなかったママでもこの味なら続けられると思うママが多かったです(*^^*)
味覚には個人差があるものの飲みやすい味と考えてよいでしょう。

 

 価格について

毎日飲んでいるのでもう少し価格が安い方が嬉しいと言う意見が数件ありました。もちろん価格は高いよりも安い方が家計を預かるママにとっては嬉しいかもしれません。
でもやはり母乳を通して赤ちゃんが摂取するものなので品質を落としたくないと思うママが多かったです。実際に小豆が中国産ではなく北海道産なので飲むのを決めた!と言う口コミもありましたよ。
小豆茶の品質と手間を考えると妥当な金額と言えそうです(*^^*)

 

 母乳が増える効果について

『今日から飲み始めたばかりなのでまだ増えたか分からない』と言うような口コミが何件かありました。
また『即効性がないと思う』と言う声もも多かったです。
確かに一度だけ飲んですぐに母乳が増えれば嬉しいのですが、やはり継続して飲み続けることによって効果が上がります。例えば食事の場合にも、野菜たっぷり一汁三菜の和食一度だけ食べたからといってずっと母乳が安定するわけではありませんよね?きちんとバランスの良い食事をとり続けることが必要です(*^^*)

 

 お茶もこれと同じことが言えると思います。しかし母なるおめぐみを毎日続けることによって、葉酸・鉄分・ポリフェノール・サポニン・亜鉛・マグネシウム・食物繊維などの豊富な栄養素を毎日摂取することが可能になります(*^^*)水分摂取は毎日のことなので母乳に良いものにする事は非常に効率的です(*^^*)

 

 

 

 

 

いかがでしたか?
やはり飲んですぐに母乳が増えるという魔法のような物ではないですね。だって母乳は1日に何回も赤ちゃんにあげるもの。栄養だって途切れないように摂取を続けることが大切です。

 

でもどうせ毎日飲む飲料。それを母乳のための栄養素が補えるものにするのは凄く良いですね(*^^*)

 

実際に継続して飲むことによって母乳が増えたり、完全母乳育児に成功したママさんも沢山いました(*^_^*)

 

飲んでみたママの95.2%が満足というのは非常に高い評価ですね♪迷っているあなたにはぜひ一度試してみてほしいです(*^^*)


Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/03/23 03:07:23

 

母乳を増やしたいママのために開発された『母なるおめぐみ』という飲み物を知っていますか?
私の周りのママ友でもまだ知っている人は少ないかな〜と思ったので紹介します。ちなみに雑誌などでも取り上げられ一部のママたちには人気を博していますよ。

 

 

 

母なるおめぐみは母乳が出るようにサポートするために開発された小豆茶です。
小豆のみでしっかりと作り上げられた完全無添加で自然派のお茶なんです。今までたんぽぽ茶やハーブティーを試したけれど、どうしても味が苦手だったと言う人にも人気です。
水分補給と栄養補給が一緒にできて母乳が出るようになると母乳育児中のママに指示されています(*^^*)

 

 

 

 

 

数々の雑誌やメディアに掲載されていて体験した先輩ママのオススメ度はなんと脅威の95.2パーセントです。母乳が出る事はもちろん『おいしいから続けられる』と評判なんです!!

 

 

 

母なるおめぐみで母乳が増える良い理由とは?

 

葉酸や鉄分が豊富

母乳はご存知の通り血液からできているのでママは鉄分を補給することがとても重要です。
また妊娠中から重要な葉酸も赤ちゃんの成長のために授乳中にも欠かせません。
小豆にはその他にも亜鉛・マグネシウム・ビタミンB群が豊富に含まれており母乳を作るママに最適な食材なのです!

 

 ポリフェノールが豊富

紫外線や酸化から身を守ってくれるポリフェノール。しかし人の体内では製造することができません
つまり食材から補ってあげることが重要なんです!!ポリフェノールが豊富だと言われている赤ワインの約2倍ものポリフェノールがあずきには含まれていますよ(*^▽^*)

 

サポニンが血流促進

あずきに含まれるサポニンは体を温めてくれる効果があります。
女性にとって冷え大敵ですが授乳中に体が冷えてしまうと乳房が硬くなり赤ちゃんが母乳を飲みづらくなってしまいます。また血流が悪くなると母乳の流れも悪くなってしまうので体を温めることが大切です!!

 

食物繊維が豊富

小豆にはなんとごぼうの約3倍の食物繊維が含まれているんです!
毎朝スッキリすることで毒素を排出することが期待でき美味しい母乳が製造されるようになります。

 

 

 

母なるおめぐみの最安値価格情報

 

母なるおめぐみは毎月300名様限定で最安値で購入することが出来ます!
母乳育児応援コースを利用するとたっぷり1ヶ月分5,980円がなんと初回は1,980円になるんです!
これはこの商品の良さを知ってもらいたいと初回をなんと4,000円もお得にしてくれているんですよ。

 

もちろん全国どこでも送料無料!2回目以降もずっと3.980円と33%もお得です。
さらに15日間の全額返金保証までついています。だから安心して気軽に頼むことができるんです(*^^*)

 

 

 

 

近年世の中ではチアシードなどを始めとしたスーパーフードが流行っていますが、小豆の栄養価の高さにはびっくりしました(*^^*)

 

これをお茶にすることによって毎日摂取できるとなれば母乳育児の強い味方になるというのはよくわかります。

 

・母乳が思うように増えず悩んでいる
・小豆の味が好き
そんなあなたは飲んでみる価値がありますよ(*^▽^*)
 もし試すなら、300名様限定の特別価格をお見逃しなく♪ 

 

あなたの母乳が増えて、ママも赤ちゃんもますますハッピーになりますように。


 

 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/03/07 12:33:07

 

ルイボスティーはノンカフェインだから妊娠中から飲めるし、産後も母乳に良いと聞いて授乳中もずっと飲んでいると言うママも多いですよね?(*^^*)
私ももともとルイボスティーが好きでそう思い込んでいたのでよく飲んでいました。

 

 

 

でもルイボスティーは本当に母乳を増やす方法として効果があるのでしょうか?
たんぽぽ茶のように母乳を増やす影響のある成分が入っているのか調べてみましたよ。
これを読めばルイボスティーがどのような飲み物か、産後女性や赤ちゃんにどのような魅力があるのかすぐにわかります(*^^*)

 

 

Sponsored Link

 

 

 

授乳中にルイボスティーを飲むと母乳が増えると言うのは本当!?

 

 

ルイボスティーは「ルイボス」と言う植物の葉を乾燥させて作ったお茶です。ノンカフェインでマグネシウム・亜鉛・カリウム・カルシウム・リンなどミネラルがとてもたくさん含まれています。
ママがルイボスティーを飲むとミネラルをたくさん補給でき赤ちゃんに栄養価の高い母乳をあげることができます。つまりルイボスティーは、ミネラルなどの栄養価が高いので母乳の質を高めることができるんです。

 

では母乳の量を増やしたい場合はどうすれば良いのか?と言うと、やはりたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーの方が効果が高いでしょう。理由は造血作用のある成分が含まれているからです。つまり母乳の元となる血液が増えれば、母乳量のアップにつながるからです(*^^*)

Sponsored Link

 

 

 

 産後女性と赤ちゃんにルイボスティーが魅力的!母乳が増える理由3つ

 

質の高い母乳

ママが水分補強にルイボスティーを活用することで、マグネシウム・亜鉛・カリウム・カルシウム・リンなどたくさんのミネラルを補給することができます。その結果として質の高い母乳を赤ちゃんに与えることができます。

 

 赤ちゃんの水分補給

赤ちゃんに最初に与える水分としては白湯が一般的です。その後麦茶などを与えるケースが多いと思いますが、麦茶の代わりにルイボスティーをあげるのも良いです。
ルイボスティーはノンカフェインなので安心して赤ちゃんにあげることができます。麦茶もそうですが最初はルイボスティーも必ず薄めてからあげましょう

 

 整腸作用

ルイボスティーはミネラルがとても豊富なので整腸作用があります。ママが毎日すっきりと排便することで毒素の排出につながります。また便秘気味の赤ちゃんが飲むと快便になるという嬉しい効果もあります。赤ちゃんにはなるべく薬を使いたいくないから、母乳以外の水分摂取が始まっている時期に便秘になったら試してみると良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

人にとってもミネラルはとても重要なのものです。しかもカルシウムなどは体内で製造できないので、食事などから摂取しないといけません。

 

それが毎日飲むお茶から摂取できて、さらに母乳を通して赤ちゃんに良いミネラルを渡せたら嬉しいですよね?だから授乳中の飲み物としてルイボスティーはおすすめです。

 

でももしあなたが母乳の「量」を増やしたいのであれば、タンポポ茶やハーブティー・母乳サプリの方が効果が高いのでお勧めです(*^^*)

 

今日も赤ちゃんと楽しい一日を過ごせますように♪


 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/03/07 00:01:07

 

母乳育児中に飲む飲み物は、麦茶やルイボスティーなどノンカフェインのものを選ぶママが多いですよね?またコーヒーが好きなママはノンカフェインコーヒーやタンポポコーヒーを愛飲しているのではないでしょうか?

 

 

 

 実は母乳を増やす飲み物として密かに有名なのが甘酒って知っていますか?(*^^*)
甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高いのですが、授乳期間中に飲んでも大丈夫なのか気になるところ。

  • どんな甘酒を選べば母乳に良いのか?
  • アルコールは乳児に大丈夫なのか?

甘酒と母乳の関係について紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

 

 

そもそも甘酒とはどんな飲み物?

 

甘酒は米麹・米・酒粕などを原料とし発酵させた飲み物のことです。
みそや納豆などの発酵食品もそうですが、甘酒も発酵飲料なので腸内環境を整えてくれる作用があります。 甘酒はビタミンB群やアミノ酸が豊富なことから昔から『飲む点滴』と呼ばれています。
 また、原料や製造方法により含まれるアルコール分が全く違います。米麹から作られる甘酒はアルコールを含まず、酒粕から作られた甘酒はアルコールが含まれます
授乳中のママにお勧めの甘酒はアルコールが含まれていない米麹で作られた甘酒です(*^_^*)

 

 

米麹の甘酒が授乳中にぴったりな理由3つ!

 

栄養価が高い

先ほど説明したように、甘酒はビタミンB群やアミノ酸が豊富なので栄養補給しながら疲労回復に効果を発揮します。また母乳の分泌をする良くする食べ物として1番オススメなのが白米ですが、甘酒もお米が原料なので母乳の出が良くなるのです^^

 

血流改善

暖かい甘酒を飲むことによって体も温まり血行が良くなります。母乳は血液からできているので血流が良くなると母乳の流れも良くなります。

 

腸内環境の改善

甘酒は発酵飲料なので腸の中の環境を整えてくれます。排便を促すことによって体内の毒素が排出されるので、美味しい母乳が出るようになります。  

 

 

 

 

 

 

甘酒が母乳に良いなんて初めて知りました(*^^*)
米麹の甘酒ならアルコールもなく、栄養価が高いので安心して飲めますね♪

 

授乳中のママはとにかく水分摂取が必要。でも毎日同じ味の物を飲んでいるとさすがに飽きますよね(>_<)

 

そんな時は、たまにの1杯として甘酒も取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

母乳を増やす方法は本当にいろいろありますね。是非あなたも自分にぴったりな方法を見つけて下さいね!あなたの授乳時間がハッピーな時間となりますように♪


Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/03/05 23:19:05

 

青汁を飲んだら、母乳の量が増えたって本当!?気になるこの方法がウソなのか本当なのか検証します♪

 

 

 

母乳育児中は毎日水分を3リットル、夏は5リットルを目安に飲んだ方がいいなんて言われています。ママは赤ちゃんのために積極的に水分摂取をすることになるのですが、一体どんな飲み物を飲めば母乳の分泌はより良くなるのでしょうか?

 

母乳に良いとされる飲み物はいくつかありますが、その中でも青汁が母乳の分泌を増やすのに有効であると言う情報や口コミを見かけました。なぜ青汁を飲むと母乳の出が良くなるのか?調べてみました(*^^*)

 

 

Sponsored Link

 

 

 

授乳中のママが母乳を増やすために青汁を飲んだ方が良い理由

 

血液の循環を良くしてくれる

母乳は血液からできているので白い血液とも呼ばれていますよね。
母乳をたくさん出すためにはドロドロの血液よりもさらさらの血液の方が良いのです。でもママは忙しくてなかなか自分の食事をゆっくり取る暇がありません。それに赤ちゃんのお世話をしながら毎日3食、野菜たっぷりで一汁三菜と言うメニューを作るのは困難ですよね?
そんな時に青汁が役に立ちます。青汁を飲むことによって野菜不足が解消されると、血液はサラサラになります。血液の循環が良くなると、母乳の循環も良くなるのです

 

 

造血作用

青汁には鉄分や食物繊維また葉酸が豊富に含まれています。
血液をサラサラにし循環を良くするとともに、鉄分は血液の量自体も増やしてくれます
また青汁の中には食物繊維や葉酸、ビタミンなどが豊富に含まれていることからママの体に良いだけでなく赤ちゃんの栄養面を考えてもうれしい作用があります。

 

 

 

 

 

最近は飲みやすくて美味しい青汁もたくさん発売されていますよね?時間のないママさんにお勧めだし、余れば赤ちゃんの離乳食期に活用することもできますよ!

 

授乳中は毎日食生活に気をつけていても、たまには家族で出かけて外食したりすることもありますよね?そんな時でも青汁があれば手軽に栄養補給をすることができます♪

 

血液をサラサラにして、造血作用の効果を感じるためには毎日継続して飲むことが大切ですよ!

 

その時には原材料の野菜に農薬が使われていないか確認しましょう!できれば無添加のものを選ぶと良いですね(*^^*)

 

あなたも美味しくて栄養のある母乳のために、毎朝一杯の青汁を習慣にしてみてはいかかでしょうか?


Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/03/03 00:31:03

 

『母乳を増やしたかったら水分をたくさん取りましょう』と聞いたことのあるママは多いはずです。なぜ母乳の分泌量を増やすために水分摂取が大切なのか知っていますか?

 

それは母乳は血液からできているからです。水分が不足すると血液はドロドロになり流れが悪くなって滞ってしまいます。でも水分が充分に体内を巡っていると、血液はさらさらとスムーズに流れるのです。だから水分の量をたくさん取るということが必要になります。

 

 

 

 そして母乳のために水分を取る時にもう一つ重要なことがあります
それは出来るだけ温かい飲み物を飲むということです。
体が冷えてしまうと代謝が悪くなり血流も悪くなります。それが母乳にも悪影響を与えてしまいます。 逆に温かい飲み物を飲むと、体が温まり代謝も高まります。そして血液の流れもスムーズになるので母乳にとってとても良いのです(*^^*)

 

 それでは具体的に1日にどれくらいの量の飲み物を飲めば良いのか?
またどんな飲み物を飲んだら良いのか?詳しく見ていきたいと思います。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

母乳量アップのための水分摂取量とおすすめの飲み物とは?

 

 

水分の量

 

 通常人が1日に必要とする水分の量は約2リットルと言われています。
授乳中は最低でも3リットル飲みましょう。また汗などで水分が体外に出てしまうような暑い季節は5リットルを目標に飲むと良いですよ!

 

 おっぱいをあげていると喉はとてもよく渇きます。でも赤ちゃんが寝てくれた隙に家事を済ませてしまおうと夢中になっていたり、赤ちゃんや上の子のお世話をしていると飲み物を飲むことすら忘れてしまうのです。これはよくある話なんですよ。

  • 朝起きたら水分を取る
  • 食事の時に大きいコップで水分を取る
  • 食事と食事の間にも最低1度は水分を取る

と言うように自分なりのルールを決めて水分摂取を習慣化させましょう(*^^*)
 

 

 おすすめの飲み物

 

 母乳を増やすためには血液の循環が大切なので体を冷やさないためにも、温かい飲み物を飲みましょう。真夏は暑い飲み物は大変だと思いますが、冷房などで体の芯が冷え切ってしまっていることがよくあります。だから真夏も冷たい物は避け、せめて常温のものを飲むようにしましょう。

 

 具体的にお勧めの飲み物としては白湯やノンカフェインのお茶ですね。
麦茶やルイボスティーはノンカフェインで、薄めたものは月齢の低い赤ちゃんでも飲めます。そういう体に優しいお茶を飲んで母乳を増やしましょう。
 さらに最近では母乳のためのお茶として『たんぽぽ茶』や『ハーブティー』も販売されています。これらには母乳分泌を促す成分が含まれているので母乳を沢山増やしたいママは積極的に利用してみましょう。 

 

 

 

 

 

赤ちゃんや母乳のために水分が重要なのはわかるけど

どのくらい飲めば良いか分からない。

また何を飲んだら良いのは分からない…という

あなたの参考になれば嬉しいです(*^^*)

 

 

それにしても夏場の5リットルって多いですよね。私も助産師さんにアドバイスされた時は驚きました…。

 

でもドロドロ血液や不味いおっぱいはあげたくないので

美味しいおっぱいのためにも頑張って飲みましょう。

赤ちゃんが母乳をたくさん飲んでスクスク成長してくれますように〜♪


Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/02/23 11:58:23