授乳中のトラブルの症状・原因・対処法とは?

 

赤ちゃんの肌がカサカサになってしまったり、赤く腫れたり、痒そうにしていたりするととてもかわいそうですよね(>_<)生後2ヶ月から5ヶ月位に多く発症する乳児湿疹。実際にうちの2人の子供たちも経験しました。

 

 

 

 

乳児湿疹とは赤ちゃんの顔や体にできる湿疹の総称です。
赤ちゃんの皮脂の分泌が過剰になってしまう『脂漏性湿疹』や、逆に乾燥によって起こる『乾燥性湿疹』など種類が分かれています。
その赤ちゃんの湿疹の原因はいくつかあると言われていますが、そのうちの1つが母乳育児中のママの食事が関係しているということです。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 乳児湿疹にならない質の高い母乳を作るための食事とは?

 

 

 

母親が糖分や脂肪分の高い食事ばかりしていると、母乳の質が低下し乳児湿疹やアレルギーを引き起こす原因になると考えられています。
ママがファーストフードなどの外食ばかりをしていたり揚げ物など脂っこいもの、またチョコやケーキなどのスイーツや甘いものばかり食べていると、母乳はドロドロとして味も落ちます。
また卵や乳製品を沢山食べ過ぎてしまうと母乳の中のタンパク質の割合が多くなってしまいます。
このようにドロドロとしたおっぱいや、タンパク質の多いおっぱいは未熟な赤ちゃんにとって消化しにくく胃腸に負担をかけてしまう原因となります。その結果乳児湿疹を引き起こすことがあると考えられているのです。

 

 

 大人でも外食や栄養バランスの悪い食事が続いたりすると胃が荒れたり、便秘になったり、肌に吹き出物ができたりしますよね?それと同じなんです。 では、どうすれば良いのか?
それはやっぱり和食中心のバランスのとれた食生活を送ることです。赤ちゃんの胃に負担とならないような質の良い母乳を与えることで乳児湿疹も改善する事があります。
肌のトラブルを減らそうと思ったときにはやはり腸内環境を良くすることが大切です(*^^*)そして腸内環境を良くするためには、サラサラで栄養価の高い母乳増やす必要があります。

 

 

 

 

 

乳児湿疹ができてしまったら…

  • 赤ちゃんの肌を清潔に保ってあげる
  • 汗をかいたりしないように室温や湿度に注意する
  • 石鹸で丁寧に洗ってあげる(脂漏性湿疹)
  • ベビーローションなどでこまめに保湿する(乾燥性湿疹)
  • 赤ちゃんの肌に触れる洋服やタオル、寝具を柔らかい清潔な物にする

こんなことに注意してあげましょう!

 

それでも乳児湿疹がよくならない場合には、ママの食生活ももう一度見直してみましょう!

 

和食中心の生活は、美味しい母乳を増やして赤ちゃんの肌のためになるのはもちろん、産後のママの体調やダイエット効果も見込めますよ♪ 

 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/03/31 02:16:31

 

赤ちゃんにおっぱいをあげていて乳頭(乳首)が痛いなと思ったことありませんか?
もし乳首が熱を持っていたり、炎症を起こしていたり、白いニキビのような白斑(はくはん)があったらそれは「乳口炎です。
乳口とは母乳の出口、乳頭のことを指します。
乳口が炎症している状態を「乳口炎」と呼びます。

 

 

 

乳口炎は比較的早い段階であれば治りやすいと言われています(^^)
一方で一度なってしまうと再発しやすく、またそのままにしていると乳腺炎につながる恐れがあります。
もし少しでも症状がある人は早めに治療し再発させない工夫が必要です(*^^*)
そのために乳口炎になってしまう原因と対処法はしっかりと学びましょう!!

 

 

Sponsored Link

 

 

 

乳頭に白斑や炎症を起こす乳口炎の原因とは?

 

 

通常、赤ちゃんがきちんと母乳を飲んでいれば何も問題は起きません。
しかし何らかの状況により乳首(乳頭)に負担がかかり、発症してしまったのが乳口炎です。
授乳する時に赤ちゃんの乳首のくわえ方が浅い吸いつきになると乳口に大きな負担がかかります。
そして赤ちゃんの吸い付きが浅くなってしまうのにはいくつかの原因があります。

 

 授乳間隔が長く空いてしまった場合

授乳間隔が空くとおっぱいが張ってしまいます。
乳房が張っていると赤ちゃんは深く吸い付きにくく浅い飲み方になってしまいます。
 1日のうち1度でも、授乳間隔が4、5時間以上空くとに乳口炎になる確率は高くなると言われています。

 

添い乳や抱っこの仕方

添い乳で無理な体勢になっていたり、いつも同じ抱っこの仕方になっていると、乳首の同じ場所にばかり負担がかかり傷ついて乳口炎になってしまいます。

 

乱れた食生活

脂質の多い食事をしていたり、乳製品や果物をどたくさんとってしまうと母乳が詰まり乳房が張るので赤ちゃんは深く吸い付きにくくなります。その結果、浅く加えてしまい乳首の先端に負担がかかり乳口炎になることがあります。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

乳口炎を悪化・再発させずに完治させるための対処法とは?

 

 

 乳口炎を治すには、乳口自体の治療授乳時に深く吸いつけるようにする必要があります。
そのための対策を見てましょう(*^^*)

 

乳頭のケア

助産師さんに聞いたところ授乳後に「馬油」や口内炎治療薬の「デスパコーワ」など、赤ちゃんの口に入っても害のない薬を乳口に塗って、その上からラップでパックすると良いそうです。
保湿することで治りが早くなるので、1週間ほど続けましょう。

 

授乳間隔を空けない様に気をつける

 4、5時間授乳間隔が開くと乳口炎になる可能性が高くなるので3時間を目安に授乳を考えましょう。
もちろん新生児などはすぐ欲しがるのでもっと短時間でも積極的に授乳しましょう。
逆に離乳食が始まっていたり、授乳間隔が空いてしまった場合には搾乳して乳房を柔らかくしてから授乳する事で赤ちゃんがきちんと乳首を咥えやすくなります。

 

 抱っこの仕方や沿い乳の改善

同じ位置の乳口に負担がかかるのを避けるため、授乳中の抱っこの仕方を毎回変えましょう。
また添い乳もいつも同じ場所に負担がかかり乳首が傷つきやすくなるので出来れば止めた方がいいですね。

 

 食生活の見直し

水分は一日3リットル以上を目安に飲みましょう。
また脂質の高い食事やお菓子などのスイーツを控え、和食中心のヘルシーな食生活に整えましょう。

 

 ストレス解消や睡眠

ストレスや疲労がたまると母乳が詰まりやすくなります。また乳口炎の傷を早く回復させるためにも休養は必要です。たっぷり睡眠をとって、晴れた日は気分転換に外出したり、友達とおしゃべりしたりして発散する時間も持ちましょう!

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんのお世話や家事だけでも大変なのに乳口炎になってしまうと辛いですよね。
でもきちんとポイントを押さえれば、再発は防げます。
あなたの参考になる情報があれば嬉しいです。

 

辛いことや悩むことも多い母乳育児。でも一生の中で授乳期間って本当に短く一瞬です。このかけがいのない時間が幸せいっぱいの時間となりますように♪

 

あなたの母乳増えて、順調に授乳ライフが送れるように祈っています。


Sponsored Link


 

続きを読む≫ 2017/03/22 02:34:22

 

授乳中のトラブルで乳腺炎と同じ位多くのママが悩むのが乳首のトラブル「乳頭亀裂」では無いでしょうか?
私も経験しましたが亀裂が入ってしまうと痛くて痛くておっぱい飲ませる時間が憂鬱です。初めて亀裂を起こした時はあまりの痛さに歯を食いしばって涙ながらに授乳したことを覚えています…。
でもおっぱいを飲ませないわけにはいかないし、どうすればいいんだろう?と悩んでいたことを思い出します。

 

 

 

 実は赤ちゃんがママの乳首を噛んでしまうというのはよくあることです。
赤ちゃんが乳首を噛んだり、ママの乳首に亀裂が入ってしまうのはいくつかの理由があります。
その原因を正しく理解することにより再発を防ぎましょう(*^^*)

 

 

 

 赤ちゃんがママの乳首を噛んだりママの乳首が裂傷する原因とは?

 

 

 

 おっぱいがまずい時

ママの食生活が乱れていたり、水分不足などによりおっぱいの味が落ちている時です。おっぱいがドロドロしたり、美味しくないと赤ちゃんはそれを訴えるためにママの乳首を噛みます。

 

歯がむず痒い時

赤ちゃんは新しい歯が生えてくる時とても痒いのです。歯が生える時はよだれが増えたり、自分の手やおもちゃを噛んだりするように、授乳中にママの乳首を噛むこともしばしば見受けられます。

 

 ママにかまって欲しい時

赤ちゃんは授乳をする時ママの顔を見ています。でもそんな時にママがテレビを見ながら授乳していたりメールやSNSなどスマホを見ていたりすると赤ちゃんは寂しさを感じるのです。ママの気持ちや目線をこちらに振り向かせたい時赤ちゃんが乳首を噛んで主張します。

 

抱っこの仕方がいつも同じ時

授乳中の抱っこの仕方がいつも同じだと乳首の同じ部分にばかり負担がかかります。その結果負担が大きい部分に亀裂が入ることがあります。
また赤ちゃんもずっと同じ体制でいることが辛く、体制を変えたい時にママの乳首を噛んで伝えようとすることがあります。

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 授乳中の乳首の傷やトラブルへの解決策とは?

 

 

 

問題を解決するには、先ほど述べた乳首のトラブルが起こりやすい理由の原因をなくす必要があります。

 

 おっぱいがまずい場合の解決策

和食中心の食生活に整え水分もよく取ります。またストレスを溜めすぎないようにして睡眠も多めに取りましょう。どうしても夜に十分な睡眠がとれない時はお昼寝も活用しましょう。
(関連記事:母乳を増やしたいなら昼寝をしてストレスを減らせばOK!?)

 

 

 歯がかゆい時の解決策

赤ちゃんはママが『痛いっ!!』とか『イタタタッ』と大きい声や高めの声で叫ぶと嬉しそうにますます噛んでくると言う事はありませんか?
赤ちゃんは高い声や大きい声を聞くとママが喜んでいると勘違いしてしまい、ママを喜ばせようともっと繰り返すことがよくあります。そうさせないためには、ゆっくりと静かにそして低めの声で『おっぱいは噛んだら痛いからだめよ。やめようね。』と繰り返し伝えましょう。
ママの真剣な表情を見たり、何回も繰り返し真面目な声で語りかける事により赤ちゃんにも伝わります。

 

 ママにかまって欲しい時の解決策

授乳中はママも赤ちゃんに集中するようにしましょう。目線を送る事はもちろんゆったりとした優しい声で話かけたり手を握ってあげるのも良いでしょう。ママは『あなたが大好きよ』と言う思いが伝わるような授乳や育児を心がけましょう。
赤ちゃんの心が満たされれば精神的に安定するので、不必要な愚図りも減ります(*^^*)

 

抱っこの仕方が同じ時の解決法

縦抱き・横抱き・斜め抱き・フットボール抱きなど様々な抱っこの仕方をして、いろいろな角度から授乳しましょう。
乳首の傷ができにくくなるだけでなく様々な角度で授乳することにより、どの乳管もも流れが良くなるので乳腺炎の予防につながります。また沢山の乳管が育つことで母乳増やすことにも繋がります。

 

 

 

 

授乳中にすでにできてしまった乳首のトラブルの対処法とは?

 

 

でも実際に今できてしまっている傷はどうすれば良いのでしょうか?
一般的には乳頭保護器を使う・もしくは傷口に薬を塗るという2つの方法があります。

 

乳頭保護器を使う場合には必ず毎回消毒をしましょう。そしてこのゴムの乳首をつけることにより口に含んだときの感触が嫌で授乳自体を拒む赤ちゃんもいます。また乳頭混乱と言い母乳育児中の赤ちゃんにゴム製の乳首やおしゃぶりを与えると直接の授乳ができなくなるという場合があるので注意が必要です。

 

 薬で治療する場合にも、口内炎の薬のように赤ちゃんの口に入っても微量なら影響がないものを選んだり、安心できる素材でできているものにしましょう。ちなみに私は産院で使用していたピュアレーンを使用していました。  

 

 

 

 

乳首に傷がついてしまうと、痛いし授乳も憂鬱です。そして母乳育児も辛いものになってしまいます。

 

一体どうしたら良いの?と思いますが、まずは思い当たる原因を探し、一つずつ改善できるところからやってみましょう。

 

また私の体験談ですが、そうして授乳を続けるうちにママの乳首もだんだん強くなってきます( ^ω^ )
実際に1人目の時はよく切れていた乳首も、2人目では多少噛まれたくらいでは切れません(笑)

 

あなたと赤ちゃんが毎日幸せでありますように(*^-^*)
今日も母乳育児頑張りましょう♪

 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/03/14 00:03:14

 

母乳育児中のトラブルとして1番よく耳にするのが乳腺炎ではないでしょうか?
授乳中のママの2〜3割が経験するとも言われています。

 

 

乳腺炎とは一言で言ってしまうと『おっぱいが詰まってしまった』という状態です。
ではどのような時に『おっぱいが詰まってしまう=乳腺炎』の状態になってしまうのでしょうか。
様々な理由があると言われていますが、その中でも主な原因となる3つの理由を詳しく説明していきます。

 

乳腺炎を予防し、美味しい母乳増やすためにチェックしていきましょう(*^-^*)

 

Sponsored Link

 

 

 

授乳中に乳腺炎を引き起こしてしまう3つの原因とは?

 

 

 

赤ちゃんのおっぱいの飲み残し

母乳は1つの乳首から出ていますが、少ない人でも7〜8ほどの乳腺が開通し乳首を通して出ているのです。毎回授乳の際に抱っこの仕方が同じ体勢だと、同じ乳腺の部分に少しずつ飲み残しが蓄積されます。そこが徐々に詰まって結果として乳腺炎の状態になってしまうのです。
また授乳間隔が空きすぎてしまうのも問題です。長時間母乳を乳房に溜めておくというのは詰まりや乳腺炎の原因となります。
赤ちゃんが眠くてちょっとしか飲んでくれなかった…と言うような時にも注意が必要です。授乳後自分の乳房を触診し部分的に硬くなっているところがないかチェックすることをお勧めします^^その時に必要に応じて飲み残しのおっぱいを搾乳して捨てましょう。

 

ママの食生活

ママが外食続きで脂っこいものをたくさん食べていたり、ファーストフード等のジャンキーな食事をしたり、スイーツなど甘いものをたくさん食べたり、お餅を食べたりするとおっぱいがドロドロになってしまいます。
ドロドロのおっぱいは流れも悪くなりますが、味もしょっぱくまずくなるのです。そうすると赤ちゃんは積極的に飲まなくなってしまい余計におっぱいが詰まってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

おんぶ紐や下着による締め付け

ママが胸の前でクロスさせるタイプのおんぶ紐を使用していたり、ワイヤー入りや補正するタイプの締め付ける下着をしていると乳管や乳房が圧迫され血液の循環が悪くなる場合があります。いつも同じところに圧がかかるとその部分の乳腺が詰まる原因になります。

 

 

 

 

 

 実際に乳腺炎になってしまったときの症状と治し方とは?

 

 

 

乳腺炎の症状

乳腺が詰まり、おっぱいがカチコチになります。まるで石のようなしこりが出来たりします。
また高熱が出たり、頭痛や関節痛また全身がだるくなると言う倦怠感を伴います。
そしてとにかく痛みを感じるママが多いです。

 

乳腺炎の正しい治し方

病院を受診すると抗生物質や鎮痛剤などの内服薬を処方される場合が多く、薬をきちんと服用し食生活を整えて様子を見ることになるでしょう。また産院でマッサージをしてしこりを取ったり、乳腺外来では詰まっている母乳を注射器で抜いてくれるところもあるそうです。

 

しかしおっぱいの凝りや痛みをそのまま放置してしまうと症状が悪化し化膿してしまう場合があります。ひどくなると外科で手術をし膿を出す必要が出てきます。

 

 重症でない場合は、きちんと薬を服用することと詰まっているおっぱいをきちんと流してあげることが重要です。きちんとおっぱいを流すためには赤ちゃんにたくさん吸ってもらうことが大切ですよ。でも状態が悪くおいしくないおっぱいをたくさん飲んでくれる赤ちゃんは少ないです。その場合にはきちんと搾乳し排乳してからあげる必要があります。

 

 

 

 

 

乳腺炎は全体の20-30%ものママが経験すると言われているけれど、やっぱり避けて通りたいですね!

 

経験したママの中には『あれは本当に痛いです。陣痛より全然痛い』という言う方もいます。
乳腺炎になるとママも辛いし、赤ちゃんも美味しいおっぱいが飲めず悲しいです。
また一時的にミルクにしたつもりが、そのままミルクしか飲まなくなってしまうというケースもあります。

 

乳腺炎は酷くなってしまうと治すのも大変です。
毎日乳房の状態をチェックして、少しでも違和感を感じたら早めに対処しましょう(*^^*)

 

乳腺炎に苦しむママが1人でも減りますように(^^)/
赤ちゃんのためにも規則正しい生活と食生活に気を配り美味しい母乳を増やしましょう。

 

Sponsored Link


続きを読む≫ 2017/03/10 03:13:10